過去のレース映像を研究して勝ち馬を推測

HOME » 競走馬のスキルを把握する方法 » 過去のレース映像を研究して勝ち馬を推測

過去のレース映像を研究して勝ち馬を推測

競馬の予想を進めるにあたり、血統やスピード指数・レースペースや調教タイムなどのデータ分析は欠かせません。

しかし、データは所詮データにしか過ぎないのも事実です。
データでは分からない部分も、どうしても出て来ます。

そこで頼りになるのが、過去のレース映像です。

過去のレース映像は勝ち馬を推測する力を身につけるために、必要となる教材です。

的中率が上がるかどうかは、過去のレース映像をどれだけ見ていたかにかかっています。

過去のレースからわかること

過去のレースからわかること

過去のレースからわかることは、馬の性格と底力です。
例えばあるレースで、5着になった馬がいたとします。

5着というデータだけを見ると、実力に問題があるのではと疑ってしまいがちです。

最初から5着についていたのならば、それまでの実力です。

でも実際のレースにて、後半で驚異的な追い上げを見せていたらどうでしょうか。

それこそ10着から5着へ這い上がったとあれば、底力のある馬であることがわかります。

今回のレースでは5着になったものの、次のレースでは更に良い成績を挙げられる可能性は十分にあります。

馬の走り方も見ておこう

馬の走り方も見ておこう

また過去のレースからは、馬の走り方を見ることができます。

馬の走り方には加速力があるピッチ走法と、長距離レースで有利になるスライド走法があります。

実は馬は競馬場に合わせて、走法を変えることはできません。
走法を変えられる馬もいるようですが、極一部に限られています。

馬の走り方がわかれば、どの馬がどういうレースに強いのかが一目で分かります。

最初は、ただ馬が走っているだけにしか見えないでしょう。

でも何回か過去のレースを見れば、馬の走り方がわかるようになる筈です。