対戦相手を観察!競走馬との比較方法

HOME » 競走馬のスキルを把握する方法 » 対戦相手を観察!競走馬との比較方法

対戦相手を観察!競走馬との比較方法

競馬を予想する上で、調教タイムは重要な手がかりになります。

調教タイムは、競馬新聞やネットにも掲載されています。

実際に2018年に行われた、G1レースに出馬した馬の調教タイムを見てみましょう。

1着を見事に獲得した本命馬の場合、調教タイムは49.7-37.0-24.7-12.5でした。
一方17着となった大穴馬の場合、調教タイムは66.5-51.1-37.2-11.9です。

本命馬と大穴馬の調教タイムを比べると、本命馬の方がかなり早いことがわかります。

調教タイムの見方

調教タイムの見方

調教タイムには基本的に、4つのタイムが書かれています。

調教タイム最初に書かれているのが4ハロン(800m)の合計タイムで、3ハロン(600m)の合計タイム・2ハロン(400m)の合計タイム・最後には1ハロン(200m)のタイムです。

注目したいのが4ハロンの合計タイムと1ハロン毎の時計の変化です。

理想の走り方としてはレース終盤にかけてラップタイムが早くなり、最後の1ハロンで最速を記録することです。

先ほど紹介した本命馬の場合、ラップは12秒台と安定しています。

競走馬自身の過去も比較しよう

競走馬自身の過去も比較しよう

ライバルとなる競走馬との比較も重要ですが、競走馬自身の過去の調教タイムの比較も重要です。

どんなに優秀な馬でも、その日のコンディションが悪ければ結果に繋がりません。

現に本命馬は4Fを50切る好調ぶりを見せていたものの、日によっては70を上回る数値を記録したこともありました。

でも70を超えた後は、ぐいぐいとタイムを縮ませています。

過去の調教タイムを見てみると、日増しに調子を上げてきたことがよくわかります。